第五回オンラインセミナーが開催されました。

8月23日に第5回オンラインセミナー「APIマーケットプレイスの実践」を参加者23名(申込者は31名)で開催しました。

今回も過去の当NPO主催のオープンセミナーに参加した会員以外の方にもご案内をしています。

 

セミナーでは海外と同様国内でも注目を集めてきている「APIマーケットプレイス」に焦点を当てました。

講師はストラテジット社の保科一男さまにお願いしSaaS連携開発での具体的実践について話をして頂きました。

講演では、~SaaSを最大限活用するデータ連携方法とは~を副題に、ストラテジット社の事業内容「SaaS連携開発」「連携アプリストア運営」「SaaS導入支援」や、具体的連携アプリの事例などを紹介して頂きました。

 

参加者からは次のようなコメント&質問などが寄せられています。

「APIマーケットの状況が整理できた。また金融機関でのAPIの利用の難しさもわかった」

「最近話題のオープンAPIは何となくわかるが実体はわかっていず今日のセミナーで一端が理解できました」

「貴社がこのようなSaaSやAPIに関するビジネスを始めたきっかけは何か」

「最近のセキュリティの問題に対してもSaaSやAPIが適切に対応可能になっているのか知りたい」

「金融機関ではAPIを利用して何を実現できるのか、具体的メリットは何かがイメージできなかった」

「もう少しAPIに関する技術的な話が知りたかった」

「大手銀行のシステムは大きく複雑すぎて簡単に共通のオープンAPIを作ることは無理ではないか」

「地銀のIT子会社がコンサルティングサービスを使いAPIを使った個別のシステムを提供していくアイデアもあるのでは」