第9回 オープンセミナー

 当セミナーは終了しました。

 日本の金融サービスにおいてもスマートフォン、タブレット端末などのデジタルチャネル化やビッグデータ通信などICTの急速な発展を受け、これまででは考えられなかった発想や方法で対応を検討する時期に来ています。

 昨年来急速に広まった「FinTech」やディープラーニングを活用したIBMワトソンなどはその代表的なケースと言えます。

 

 今回はその両者に焦点を当て前半は日本アイ-ビーエム金融サービス事業部理事の下野氏から日本の金融機関におけるワトソンの取り組みについてお話しいただきました。

 

 後半は、FinTech スタートアップを支える「FinTech協会」を最近新たに設立し、代表理事として日本のFinTech活性化に取り組んでおられるインフキュリオン社代表取締役の丸山氏にお話しいただきました。

 

開催の概要

【実施日】    2015年12月7日(月)

 

【会場】    茅場町「鉄鋼会館」  

 

【定員】     80名 (定員になり次第締め切らせていただきます)

 

【参加費】 無料


プログラム

18:00-18:05 オープニング

 

18:05-19:00 テーマ1:「IBMワトソンの日本の金融機関での活用」

 

                         1.ワトソンの現在と適用事例 

                                   2.金融業界におけるコグニティブ・コンピューティングの取組み 

                                   3.更に重要性を増す人的チャネル(店舗・渉外)のあり方

                                   4.今後の可能性(BtoC、BtoB、業務効率化の視点)

 

                         講師: 株式会社日本アイ・ビー・エム 金融サービス事業部

                                               理事 パートナー 下野 崇 氏

 

19:00-19:55 テーマ2:「日本におけるFinTechの最新動向」

 

                                  1. FinTech最新事例

                                  2.日本でのFinTechが抱える課題

                                  3. FinTechの意義と今後の動向

 

                                講師: 株式会社インフキュリオン社

                                             代表取締役 丸山 弘毅 氏

 

19:55-20:00 クロージング


セミナーの様子

 今回はメディアを含め金融機関や大手・中堅のIT企業の方々、NPO会員など合計70名を超える方々が参加されました。

 

 前半の下野氏からは「IBMワトソンの日本の金融機関での活用」について海外も含めた具体的な事例をお話しいただきました。今後もワトソンにより金融サービスビジネスを大きく変えていきたいと述べられていました。

 

 後半の丸山社長からは「日本におけるFinTechの最新動向」をテーマに、設立間もない「FinTech協会」の活動内容やその協会に所属し現在最も日本で活躍されているいくつかのFinTech企業のサービス内容を紹介して頂きました。今後のFinTechの展開として、「一通りのサービスが整いつつある中、ブロックチェーン・ビッグデータなど要素技術、金融機関向けソリューション、FinTechサービス同士の融合などが期待される」と話されました。

 

 両者ともまだまだ解決すべき問題を多く抱えていますが今後の展開が楽しみです。当NPOでも継続してこの分野の動きを注視していきたいと考えています。

お問合せ

2019.09.12 更新
2019.09.12 更新