NPO法人 金融ITたくみs       第15回オープンセミナー

セミナーの概要

 金融機関では業態を問わず、デジタル技術を活用した新しい顧客サービスの提供や経営効率を高めるための業務改革等、デジタライゼーションの動きが本格化しつつあり、キャッシュレス決済だけではなく、高齢者向け金融サービスや商流ファイナンスなどで新たな展開が始まっております。

 

 今回のオープンセミナーでは、次の二つをテーマとして取り上げました。

 前半では、当NPO理事長の島田直貴より金融業界のデジタライゼーションの現状と方向につき説明いただきました。

 

 後半では、住友生命の岸和良様に、「デジタル技術を活用した健康増進型保険と、今後の保険サービスの方向性」についてご講演をいただきました。(当セミナーは終了しました

開催の概要

【実施日】 2019年6月11日(火)

 

【会場】   茅場町「鉄鋼会館」 701号室 

 

【定員】     80名(定員になり次第締め切らせていただきます。なお、法人会員以外のご参                                      加は1社2名までとさせて頂きます。)

 

【参加費】 無料

 

(申込方法)  下記に必要事項を入力し、6月4日(火)までに申込してください。

プログラム

【プログラム】

18:00-18:05 オープニング

18:05-19:00

            テーマ1:「金融デジタライゼーションの動向」

                                     1.わが国金融デジタライゼーションの現状

                                     2.海外のデジタルバンクの動向

                                     3.テクノロジーの活用とオープンイノベーション

                                     4.デジタライゼーションの障害と解決への取り組み

 

                                      講師: NPO金融IT たくみs理事長 島田直貴氏 

19:00-19:55

           テーマ2: 「デジタル技術を活用した健康増進型保険と、今後の保険サービスの方向性」 

                                     1.健康増進支援サービスVitarityから得た教訓

                                     2.生命保険会社のビジネスモデル変革(保険とサービスの融合戦略)

                                     3.保険業界デジタル化戦略の展望と課題

 

                                       講師 住友生命保険相互会社 情報システム部 部長 岸和良氏

 

19:55-20:00 クロージング

 

 

お申込み

当セミナーは終了しました。

当セミナーについてのお問合せはこちらからお願いします。

2019.05.20 更新
2019.05.20 更新