NPO法人 金融ITたくみs       第16回オープンセミナー

セミナーの概要

 今回のオープンセミナーでは前回に引き続き「金融デジタライゼーション」を取り上げ、特に金融機関の勘定系オンラインの今後の取り組みに着目しました。

 

 前半ではアクセンチュアの中野恭秀様にレガシーシステムのモダナイゼーションの具体的取り組み方法を、また、後半では伊予銀行の稲田保実様、井上浩一様に同行の経営戦略と連携したIT戦略におけるメインフレーム勘定系オンラインの位置付けと最新技術の活用についてご説明頂きます。

開催の概要

【実施日】2019年11月25日(月)

 

【会場】 茅場町「鉄鋼会館」 701号室 

 

【定員】 80名(定員になり次第締め切らせていただきます。なお、法人会員以外のご参加は1社2名までとさせて頂きます。)

 

【参加費】 無料

 

(申込方法)  下記より11月18日(月)までにお申し込みください。

プログラム

18:00-18:05 オープニング

18:05-19:00

     テーマ1:「デジタル時代におけるメインフレームの戦略的モダナイゼーション」

          1.メインフレーム・レガシーシステムの現状課題

          2.デジタル化の進展と最新テクノロジー

          3.メインフレームシステムの戦略的モダナイゼーション

          4.今後の展開

     講師 アクセンチュア株式会社 テクノロジーコンサルティング本部

        アソシエイト・ディレクター 中野 恭秀氏

19:00-19:55

     テーマ2:「伊予銀行のデジタル化戦略と技術基盤」

          1.中期経営計画におけるデジタル・サービス戦略

          2.IT基盤技術、開発手法など最新技術活用への挑戦

          3.Web連携基盤と共同アライアンスによるデジタル化インフラの構築

     講師:伊予銀行 システム部 部長 稲田 保実氏/課長 井上 浩一氏

19:55-20:00 クロージング

 

お申込み

下記に必要事項を入力し送信ボタンを押してください。ご記入いただいたメール・アドレスに確認メールが届きますので、お間違えのないように入力をお願いします。





セイ:メイ:





参加種別:

当セミナーについてのお問合せはこちらからお願いします。

2019.10.02更新
2019.10.02更新